脳の話

  • 2017.04.10 Monday
  • 22:05

前回のブログに書いた通り、年末に「脳の海馬」を傷めてしまったので、

今回は、東洋医学では「脳」をどのように捉えているかのお話です。

 

 

あっ、1月に再度MRIを受け、私の「海馬」の回復は確認されました。

「一過性全健忘」は、その名の通り、通り過ぎ、いつも通りの健忘症パクッ

 

実はこの時、MRIの予約時間を間違え、30分遅れてしまいました汗

前回受け取った予約表に書いてあった時間は、診察の時間。

MRIはその30分前と口頭で聞いていたはずなのに、全然覚えていなかったのです汗

 

ドクターMは自分が伝え間違えたと思って、謝罪されたんですが、

違うんです!!ごめんなさい!!私が覚えていなかったんです撃沈

(次の診察の時、私が謝りました。。。)

 

その時はまだ海馬がやられていて短期記憶ができない時だったので、

その場でメモすべきでした、、、鉛筆2

というような判断もできないくらいボーッとしていましたけど唖然

発症時付き添ってくれた娘に、あらかじめ確認すれば良かったんですが、

間違ったと分かった後で、確認しましたたらーっ

 

 

さてさて、鍼灸の古典『黄帝内経 素問・霊枢(こうていだいきょう そもん・れいすう)』から、「脳」について書かれている所をピックアップしてみます読書

 

『素問・五臓別論篇』で、脳は、髄、骨、脈、胆、女子胞(子宮)などと共に、

「奇恒の府(きこうのふ)」に分類されています。

 

「奇恒の府」というのは、府(腑)に似て府にあらず、蔵(臓)に似て蔵にあらず。

「奇恒」と言うくらいですから、ちょっと他と違うよという意味ですね。

 

「府」は内部に空間があるもの。胆・小腸・三焦・胃・大腸・膀胱が六腑。

「蔵」は精気を内に蔵している(持っている)もの。肝・心・脾・肺・腎が五臓。

脳や髄はそのどちらでもあるというか、そのどちらでもないというか。。。くるりん

 

脳や髄の元は腎の精気(エキスみたいな)です。

『霊枢・経脈篇』には、

「人始めて生ずるや、先ず精をなし、精なりて脳髄生ず。」と書かれています。

人の発生には、まず男女の陰精の出会いで新たな精が生まれ、その精から脳髄が生じます。

 

人は「先天の気」と「後天の気」を持っているのですが、

「先天の気」は両親から受け継ぎ、生まれた時から持っている気で「腎」の担当です赤ちゃん

歳を取るほどに減っていきます下向き

「後天の気」は飲食を消化して作り出すもので「脾」の担当です食事

減っていく先天の気を補います上向き

 

『霊枢・海論篇』では、人の体の髄・気・血・水穀(飲食物)の集まる所を「四海」とし、

髄の海、気の海、血の海、水穀の海が有るとしています。

なんてロマンチックなんでしょう波

 

「髄の海」が「脳」です船

 

「髄」は、骨髄や脊髄の髄。

腎の精気と水穀(飲食物)の精微(やっぱりエキスみたいな)から生じます。

 

「髄の海」に余りがあれば、体が軽く力が溢れ、それは人並外れていますグッド

「髄の海」が不足すれば、頭がくらくらして耳鳴がし、足がだるく無力感があって、

目がかすみ、倦怠感があって、横になりたくなります困惑

 

だから何?って言うと、

上記のような症状や「健忘」のような症状なら、

治療には「腎経」を使うのが第一選択肢かな〜、と思うわけです。

もちろん、症状だけでなく、脈診や腹診などでも判断します。

 

『素問・霊枢』の時代(紀元前)から後には・・・

 

明の時代、李時珍は「脳は元神の府」と言っています。

元神とは、精神意識や記憶や思考力や視覚などすべての事です。

 

清の時代、汪昴は「人の記憶は、みな脳にある」と言っています。

同じく清の王清任も「霊感や記憶は脳にある」と言っています。

 

 

では古典において、「感情」も「脳」の担当かというと、そうではなくて、

肝心脾肺腎それぞれが主る(つかさどる)感情というのがあるのですが、

それについては、長くなるので、またの機会に・・・よつばのクローバー

 

 

携帯の話

  • 2011.01.29 Saturday
  • 21:15
最近、治療の予約や変更を私の携帯のメールにしていただく事が増えました。
パソコンだとすぐ見れないし、電話だと治療を中断して出ないといけない。

携帯メールがちょうどいい

昨日も、いつもそれで予約していただく患者さんから、
「明日、時間空いてますか?」というメール。
すぐに「10時半が空いていますのでお越し下さい。」と返信。

今朝になって、そういえば、そのメールに対して返信がないな〜と思いながら、
確認すると・・・、
な、なんと私が出したはずのメールが出されずに保存されているではあ〜りませんか

慌ててメールしましたが、10時半には間に合わず後回しになってしまいました

なんでそんな事になったのか、つらつら考えてみるに、
返信文を打った時ちょうど、次の患者さんが来られたので、
後でもう一度内容を確認してから送ろうと保存して、出した気になってしまったみたい。

気をつけなくっちゃ

ところで携帯の電話の方の話。

先日、高校の同期生と待ち合わせするのに、あらかじめ電話をもらいました。
同期生といっても、当時はクラスが違ったので、全く面識なし。
ミクシーのマイミクさんになった縁で、その男子(今はオッサン)と会う事に。
ちょうど彼が親しかった女子(今はオバサン)がウチの近くで居酒屋をしてるし。

その電話に「もしもし」と出ると、一瞬の沈黙の後、
「まき子さんいらっしゃいますか?」
なんで、携帯にかけてるのに
・・・でも思い当たる節が・・・。

後日、会った時確認すると、やっぱり、
「男の人が出たと思った」って。
いや、いくら私の声が低音だからといって、それはないやろー

携帯悲喜こもごも



誤解される事。

  • 2010.10.11 Monday
  • 13:46
 鍼灸師をしていると、
西洋医学に批判的だと思われがちなんですが、そんな事はないです

医学全般が好きですから

手術でも薬でも、必要なものは必要です。

先日、目の状態が悪い患者さんに「眼科に行って下さい。」と勧めました。
この方はお医者さん嫌いで、渋々行かれたのですが、
やっぱり、あまり良くなかったらしく、
「もっと早く言って下さい。」と言われました。
いや〜、言いましたけどぉ〜

私、もしも万が一、開腹手術でも受けるような事があれば、
鏡で見せて欲しいくらいです
高校1年の時、虫垂炎の手術を受けたのですが、
ドクターの「切りやすいな〜この子のお腹」という声が聞こえました。
なにせガリガリで脂肪が無かったものですから…今と違って
どれどれ…って見せてもらったら良かった

話は変わって、
もうひとつ誤解されるのが、私はフェミニストだと思われる事。
もちろん、制度的に女性が不利な状況は是正されないといけませんが、
それは障害者や在日外国人などにも言える事。

ことさら女性の味方と思われて、男性の悪口を言われても、
同意出来ない事が多々あります。

むしろ、「こうあるべき」で生きているのは男性の方がキツく、
女性の方が自由でのびのびしているように思うのです

そういうと、「アナタは経済力が有るから」と言われそうですが、
そんな問題なのかな〜〜〜






キッチン清掃

  • 2010.04.25 Sunday
  • 14:56
 キッチンフード(換気扇)および壁やシンク周りの掃除を、
プロにお願いしましたー
年末、自分で掃除しようと思ったら、
キッチンフードのフィルターが外せなくてぇ…
フィルターカバーが油でくっ付いてぇ…
そんなに揚げ物はしないしーと油断してました

整理整頓は好きなので、一見綺麗に見えるのも油断の元。

3時間以上かけて綺麗にしてもらいました。
さすがプロやね。ピッカピカ

で、数時間たつと、
なんとその感動が薄れているんです。
前から綺麗かったーみたいなー

これって患者さんの感覚と似てるなーと思った次第。

さすがに主訴が治って気づかない人はほとんどいませんが、
それ以外の症状だと、
こちらが確認するまで、治っている事に気づかないってことがあるんです。

症状が出てきた時は自覚していても、
治っていく時って、案外自覚しないものなんですね。

中には、明らかに激しい主訴が治っていても、
「痛くないんです、気のせいですかね?」って言われる時も

  (いや、確か治療しましたよね…心の声)

 「そうです、気のせいです
  気を補ったり、気の滞りを取ったりして良くなったんですから、
  気のせいですよ

綺麗になったキッチン。
この綺麗さをずっと保てるよう気をつけよう…と思う気持ちと、
こんなに一挙に綺麗になるなら、また汚しても…という相反する気持ち。

これまた、
ムリして痛くなってもまた治してもらえる…
という患者さんの気持ちと同じかも

確定申告

  • 2010.02.28 Sunday
  • 09:05
この時期、毎年懸念の確定申告、出してホッとしています。
自営業者ながら、税理士さんにお願いするほどでもなく、
自分で書くのがちょっと悲しい

ネットで全て済ませられるe-Taxは、
住民基本台帳カード取得等々、事前の準備が必要だし、
それをするだけのメリットもなさそうなので、はなから関心なし

でも今年はせめて、入力くらいはパソコンでしようと意気込んだんです。
国税庁ホームページの「確定書等作成コーナー」に入りました。

Macでも作成可能第一段階クリア

「ご利用になれない方」の中に〜、
「社会保険診療の所得計算の特例」を受ける方。
えー
健康保険や労災や生活保護医療の取り扱いをしている私は、出来ないってことやん

で、いつもの「手書き」「電卓計算」に戻ったのでした

でも最初に拒否されて、ちょっとホッとした面もあるのです。
パソコン苦手なんで、
途中や最後で分からなくなったら、もっと悲惨ですもん。

そして、やっとこさ書き上げたのを、郵送すればいいものを、
自転車こいで税務署に持って行きました
それもこれも、その場でハンコをもらって達成感を得る為です

それを終えてすぐにまた、月末保険請求に取りかかったのでした。
(これはMacが使えませ〜ん)
怒濤の事務仕事
肩こり、背中こりに自己治療、ストレッチなどをしながら乗り切りました

大変大変と言いながら、こういうのもキライじゃないな〜と思うのでした

娘の引っ越しでドタバタした中盤から、あっという間に2月は逃げて行きました。
もう春ですねー

合宿研修を終えて

  • 2009.11.29 Sunday
  • 08:54
なんと1ヶ月以上更新していませんでした。
それもこれも先週終えた、合宿研修の準備に追われていた故。

所属している大阪漢方鍼医会の第1回合宿研修でした。

以前は東京の本部に通っていたので、
大阪漢方鍼医会ではまだ新人だというのに、企画部長を仰せつかり、
長年の会員の希望だったという合宿を企画しました。

とはいえ、
古株の先生が懇意にされているホテル広子園(京都・綾部)を紹介していただいたので、
場所が決まれば、その後はそんなに大変ではなかったですグッド

大変だったのは、講義の準備の方です。
まあ、時間をかけて準備した割に、あまりスッキリした講義ができませんでした。
詰め込み過ぎたんですね〜。
時間が足りなっかたら、ハショルつもりだったんですが、
テンパっていたので、それもできず困惑

慣れない事もありますが、やっぱり、しゃべりは不得意を再確認。
出来上がった写真を見ても、
私の講義中は、暗〜いムードが漂っているのが分かります。
(あっ、何故かその時、照明も暗かったです。)

日頃の勉強が全然足りないのも痛感!
皆、どんだけ勉強してるんやー!

病気のおかげ

  • 2009.09.16 Wednesday
  • 16:45
「病気のおかげで元気でいられる」

 ある患者さんの言葉です。

「一病息災」よりもっと肯定的な響きがあります。

彼女はいわゆる一般的には命に関わる病を抱えているんですが、
闘っているという感じではなく、共存しているんです。
いや、「共存」というのも大げさなくらい自然です。

「漢方薬」とウチの「鍼灸」及び「リコネクティブ・ヒーリング」を受けているだけで、
西洋医学的な治療は受けていません。
それがその患者さんの「選択」ですYES!

西洋医学のお医者さんが診たら、たぶんビックリするような状態なんですが、
フツーに仕事をしてフツーに生活しています。

その病気がなかったら、ダレッとなってしまう。
病気のおかげで、なんか筋が一本通っているような気がする。
というのがその人の言い分です。

自分で「選択」して「納得」している生き方は強い!

同じ誕生日

  • 2009.07.15 Wednesday
  • 21:43
仕事は左程でもないのに、なんだか忙しい今日この頃、
先週末は岡山に行ってきました。

年1回の合宿研修で同室になり、
夜遅くまでおしゃべりする友人のお宅にお邪魔しました。

引っ越しして、新しく治療室を設けたので見に来てとかねがね言われていたのです。
それに今年は、その合宿研修に参加しないので、
岡山までおしゃべりしに行ったというわけですパクッ

彼女と私は、生年月日が全く同じ。
性格が似ているかというと…

腰の重い私と対照的に、彼女はすこぶる行動的。
国内のみならず、海外旅行にもよく行くし、
ヨットや乗馬、最近はフリークライミングにまで挑戦したとかイケテル

実は、彼女は生まれついての全盲。
でもおしゃべりしていると、つい彼女が全盲である事を忘れてしまいます。

同じ誕生日なのに、
彼女はグラマー、私は平面体。
彼女はソプラノ、私はアルトいやテノール!?
彼女は雄弁、私は訥弁。
彼女は気が強い、私は……これは一緒かなたらーっ

違うんですけど

  • 2009.07.01 Wednesday
  • 20:57
ある女性のための情報誌。

毎回、ウチの鍼灸院の紹介も載せています。

数ヶ月前、
アンケートが送られて来て、それに答えました。

そして今日、出来上がった情報誌が送られて来ました。
自分の鍼灸院の紹介を読んでビックリ!

アンケートに答えた事を、勝手にアレンジして紹介しているので、
伝えたい事と違うんですNO!

「刺さない鍼、心地よいお灸」が特徴なのに、
それが、「痛くない鍼、心地よい灸の施療に努め…」
になっているので、いや〜努めんと痛くて熱いのかというニュアンスですやんたらーっ

それに、「生殖医療や遺伝子治療について」、
アンケートに有ったからそれについて答えたものの、全然こなれていない答え。
それがそのまま載ってますやんムニョムニョ
なんで、色々項目が有った中で、それを載せるん!?

いやはや、以前にも、同じ情報誌で同じ事が有ったんです。

やはりアンケートだと思って答えた事が、勝手にアレンジされて、
紹介文として載った事が…。

その時は、アンケートの数有る質問の一つのその中に、
「患者さんの悩みを聞く事も有ります」(事も有りますデスヨ)と書いたのが、
「患者さんの悩み聞きます」というのが強調されていました。

それを見て来られた患者さんが、
「鍼はいいです、話を聞いて下さい。」と言われたときは、エエッー!?
「私は、カウンセラーではありません」と言って、鍼灸治療をしましたけど。

もちろん、その情報誌の編集者には抗議しました。

また同じ事が繰り返されるとは困惑
もう無いと思った私が甘かった撃沈

「女性の情報をひろげる」とか、
「女性の活動を紹介する」とか、イイ事を銘打ちながら、
なんでそんな勝手な事するん!?
しかもそのアレンジの仕方が、編集者の思い込みに基づいているようで、余計不快です。

もう2度と載せていらん!と言いたいけど、
今回のが最終の保存版なんです。

予約注文をしたので、購入することになっているけど、
送り返そうかどうしようか思案中。

私ひとりが送り返しても、不本意な紹介文が載ったこの情報誌は、
もう他に送られている…ああ汗


PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

amazon

楽天

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM