浅川マキ

  • 2010.01.18 Monday
  • 21:16
一番好きな歌手、浅川マキが昨日、逝ってしまった。

公演先の名古屋のホテルで。

名古屋の友達に、15日から17日の3日間のライブに誘われていて、
行くなら16日の土曜日だけど、
17日が研修で、
ライブの後はきっと泊まって朝帰りで、
そのまま研修に行くのはしんどいと、断ってしまった。。。

行けば良かった。

歌いながら、お酒を飲んだり、煙草を吸ったりする人だから、
長生きはしないとは思っていたけれど、
でもまた聴けるものと思っていた。

長い黒髪、黒い衣装。
暗い…という人が多いけれど、
その歌詞は、前向きな諦観。私には明るく強い。

私、鍼灸師になる事を選んだ時、
いつかマキさんの治療が出来るかも…と思ったっけ。
そんな機会はついに来なかったけれど。

マキさんのことだから、
「とうとうこんな所に来ちゃったわね〜」
なんていいながら、飄々と三途の川を渡っているかも。
三途の川にも「赤い橋」は有るのだろうか。





追悼 加藤和彦

  • 2009.10.24 Saturday
  • 16:25
新聞に、北山修が加藤和彦への追悼文を書いていました。

彼の中には、天才アーティストと厳しい批評家の二人がいたらしい。
そして、彼の自死は、
自らの人生の「作品」に、厳しい方の彼が自分を追いつめた結果だと。

精神科医である北山修が友人を自死という形で亡くすのは、
本当に苦しく悔しい事だと思います。

加藤和彦の曲に、北山修の詩。
かつて一緒に数々の作品を作って来た二人。

『加藤の分まで生きて生きて生き残ってやりたい。
 天国のあいつに「格好が悪い」と言われようとも、
 またどれだけダメ出しされようとも、
 何度も書き直してやる。』

と叫ぶように締めくくられていました。

ものすごーくよく分かります。

かつて身近な人間を自死という形で失った私は、
あまりの呆気なさに、
よーし、私はとことん生き抜いてやるぞ!
しんどくなったら、逃げ出してでもいいから生き抜いてやるぞ!
と思ったもんです。

で、月日を経たら、そんなに気張らなくても、
(でも、心の隅にはいつもその時の思いが有って)
若い頃よりのんびり生きているという訳です。

加藤和彦の死

  • 2009.10.18 Sunday
  • 20:16
加藤和彦が亡くなった。。。

皆で「あの素晴らしい愛をもう一度」を熱唱したばっかり。

自死。

鬱病だったらしい。

さぞかし生きているのが辛っかたんやろうと思う。

でも、それでも、なんとか生きていて欲しかった。

北山修に相談してなかったんやろか?

思うような音楽ができなくても生きていて欲しかった。

自死はいやや。

   …それなら、その命、清志郎にあげてよ。

もう誰も、自分で死なんといて欲しい。

マイケル・ジャクソン

  • 2009.08.26 Wednesday
  • 21:35
マイケルの死因が明らかにされました。

「致死量の麻酔剤投与による他殺」

故意にではなかったとしても、
「何してくれんねんNO!!」ですよ、ほんとに。

もともと、鎮痛剤や麻酔剤を乱用していたようですが、
度重なる整形と言い、生き難さがあったんだろうなと胸が痛みます。

それを思うと、よく50歳まで生きていてくれたと思います。

とは言え、実は私はプリンス派で、
あまりマイケルには注目していなかったんですが…汗汗

でも改めて聴いてみると、良い歌がありますよネ〜。

「Heal The World」なんて最高です。

自分が痛みを抱えているのに、否、抱えているからこそ、
世界中の子供たちのことを憂い、愛や平和の大切さを歌えるんですね。

亡くなる2日前のリハーサル映像、本当にカッコいいですラブ

それにしても、愛と平和を歌うジョン・レノンにしても忌野清志郎にしても、
早く亡くなってしまう…
早々に人間を卒業して、神の領域にいってしまうんでしょうか。

DVDとCD

  • 2009.06.07 Sunday
  • 14:07
最近買ったDVDとCDです。




忌野清志郎「完全復活祭」日本武道館

清志郎の事を度々書いていますが、
私が熱いファンになったのは、3年程前の事。
その頃彼は、ガンのため休養生活に入ったので、
私が行ったのは唯一、「完全復活祭」大阪フェスティバルホールなのです。
それだけでも行っておいて良かったです。

この中に「GOD」という曲が有って、
戦争と平和のいたちごっこをする人間達を作り上げた「神」に、
「そこからここに降りてきな」と呼びかけているのですが、
そうはいっても降りてこない神に業を煮やし、
清志郎自身が「そっち」に行ってしまいました。

今ごろ、キリストに向かって、
「イエスって言え〜!」って言ったり、
釈迦に説法したりしている事でしょう。





清志郎最後のレコーディング。
「夢助」すなわち「Dreamer」。
世界平和を夢見続けた清志郎らしいネーミングです。

最近の歌手は、歌詞を見ないと何を言ってるのかわからない事が多いのですが、
清志郎の歌詞はハッキリ聴き取れます。
日本語がちゃんと伝わる歌唱法をしているんですね。

「誇り高く生きよう」
   わけもなく涙ぐむのは
   君のこと想っているから …から始まって、
   誇り高く生きよう君のために …までの歌詞。

           そのまま清志郎に伝えたい。

「激しい雨」
  …Oh 何度でも 夢をみせてやる
   Oh この世界が 平和だったころの夢
   RCサクセションがきこえる
   RCサクセションが流れてる…

   よくぞ「RCサクセション」の名前が入った曲を作っておいてくれました。



こちらは吉田拓郎です。
上記の2点より先に買いました。
こちらは学生時代から好きなので、古ーいファンです。

最後の曲。
「あなたを送る日」
   …流されないで心の思うままに
    君がそこにいた風景こそが
    一番大切な事なんだと
    今日から心に刻みこむ…

     偶然ですが、清志郎に歌いたいような。

最初の曲。
「ガンバラナイけどいいでしょう」
    …がんばらないけどいいでしょう
     私なりってことでいいでしょう
     がんばらなくてもいいでしょう
     私なりのペースでもいいでしょう…

二人より、少し後を生きている私。
まだもう少しガンバってみますね。
   

ライブとカラオケ

  • 2009.05.31 Sunday
  • 13:24
昨日、ある患者さんのシャンソンライブに行ってきました。カラオケ

毎年春と秋の2回。
本職は別にあるのですが、趣味を超えた趣味のお披露目です。
甘くはないシャンソンと軽妙なトークが魅力です。

毎回一緒に行く友人が、
幅広い音楽好きで、忌野清志郎の大ファンでもあります。
去年、完全復活ライブに誘ってくれた人です。

というわけで、ライブを聴いた後、
二人で忌野清志郎追悼カラオケに。

まずは「雨上がりの夜空に」から。
前から歌っていた曲は、まあ何とか…。

その他、頭の中では唄えるのに声に出すと違ってしまう曲多数。

最後、「スローバラード」で締めくくりましたが、
本人映像に、私のひどい歌が重なって、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。くもり

清志郎さん、もっと練習しますね。


ジュリ〜♪

  • 2008.09.19 Friday
  • 14:52
カッコいい〜!
還暦ロッケンローラーラブ

新曲「我が窮状」…キュウジョウすなわち憲法9条。
バラードで静かに、憲法9条を守りたいという思いを伝えています。

念のため、若い人に説明すると、
ジュリー(沢田研二)とは、今で言うキムタクみたいなもんです。
グループサウンズの中でも1番人気のザ・タイガースのリードボーカル。

(私は、華やかなジュリーより屈折したトッポが好きでしたが。)

ザ・タイガースには、ヒロシマのことを歌った「廃墟の鳩」という曲も有りました。

先日の同窓会の三次会でも、
ジュリーの「勝手にしやがれ」を皆で熱唱したばかり。

壁際に寝返りうって背中で聞いているうちに、
勝手に改憲されないよう、しっかり正面向いてましょグッド

祝完全復活!

  • 2008.02.26 Tuesday
  • 15:18
2月24日(日)、忌野清志郎 完全復活祭に行って来ましたイケテル

2006年7月から、喉頭癌で活動休止。
今年2月10日の復帰武道館公演が即完売したのをうけての追加公演でした。

始まる前から、拍手拍手拍手
泣いている人達もいました。

画面が次々フラッシュしていき、
抗癌剤の副作用で頭髪のない姿から、
うっすらと髪の毛が生えて来て、だんだん伸びていき、
いつもの髪の毛をおっ立てたところでは、「ゥオー!!

本人が登場した時には、もちろん総立ちラブ

私はにわかファンのようなものですが、
チケットを取ってくれた友人は、ファンクラブに入っているので、
なんと前から3列目の、間近に清志郎が見れる席でしたチョキ

バラードの時も立ったままで、座席は単なる荷物置き場でしたが汗

抗癌剤は使ったものの、手術も放射線もなし。
玄米菜食と、気力で乗り切ったようです。

忌野清志郎56歳。カッコ良かったです。
バンドのメンバーも、白髪かナイか…パクッ NICE MIDDLEラブ

カラオケで、「雨上がりの夜空に」を自己流で歌っていた私。
さっそく古いCDも新しいCDも買おうかなCD

中島みゆきに思う。

  • 2006.12.12 Tuesday
  • 21:45
中島みゆきの最新アルバム「ララバイSINGER」を買いました。
実は私、カラオケでよく歌う割には、あまりアルバムは持っていないのです。

言葉化できない思いをあまりにピッタリ言い当てられて、
好きだけど、はまり込みたく無いような気持ちも有ったりして。

いや、参りました〜たらーっ
泣きました…『重き荷を負いて』という曲。

歌詞を書こうか書こまいか…ふぅ〜ん
歌詞だけでは伝えられないものがあるのですが…

   『重き荷を負いて』
1. 足元の石くれをよけるのが精一杯
  道を選ぶ余裕もなく 自分を選ぶ余裕もなく
  目にしみる汗の粒をぬぐうのが精一杯 
  風を聴く余裕もなく 人を聴く余裕もなく
  まだ空は見えないか まだ星は見えないか
  ふり仰ぎ ふり仰ぎ そのつど転けながら
  重き荷を負いて 坂道を登りゆく者ひとつ
  重き荷も坂も 他人には何ひとつ見えはしない
  まだ空は見えないか まだ星は見えないか
  這いあがれ這いあがれと 自分を呼びながら 呼びながら

2. 掌の傷口を握るのが精一杯
  愛をひろう余裕もなく 泥をひろう余裕もなく
  ひび割れた唇は噛みしめるのが精一杯
  過去を語る余裕もなく 明日を語る余裕もなく
  がんばってから死にたいな がんばってから死にたいな
  ふり仰ぎ ふり仰ぎ そのつど転けながら
  重き荷を負いて 坂道を登りゆく者ひとつ
  重き荷は重く 坂道は果てもなく続くようだ
  がんばってから死にたいな がんばってから死にたいな
  這いあがれ這いあがれと 自分を呼びながら 呼びながら

3. まだ空は見えないか まだ星は見えないか
  ふり仰ぎ ふり仰ぎ そのつど転けながら
  重き荷を負いて 坂道を登りゆく者ひとつ
  重き荷は重く 坂道は果てもなく続くようだ
  がんばってから死にたいな がんばってから死にたいな
  這いあがれ這いあがれと 自分を呼びながら 呼びながら


歳とる程に、背負った荷物を捨てていって、
身軽になっているつもりだったのですが…ゆき

「充分がんばってるやん」という気持ちと、
「もっともっとがんばらな〜」という気持ちの両方がある私です。

歌詞だけ見ると、悲壮な感じがするかもしれませんが、
力強い、人生の応援歌です。

でもって、今度カラオケに行ったら歌おうと、
泣きながら練習しているのです。カラオケ

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

amazon

楽天

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM