放射能から身を守る!?

  • 2011.04.13 Wednesday
  • 21:03
気がつけば、長らく更新していませんでした
何を書こうか頭の中で 考えてはいたのですが、
地震・津波・放射能でそれどころではなくなって・・・。

ツイッターでは、それについてぽつりぽつりつぶやいています。


久しぶりのブログのテーマは、「放射能から身を守る!?」

そういう事を情報として伝えなくてはいけない事態になってきました。

でもこれは、あくまで「対処療法」です。

「根本治療」は、全原発を止めて廃炉にすることです

実は長崎の原爆の時、被爆しながらも原爆症にならなかった人達の記録が残っています。
爆心地から1.8kmの聖フランシスコ病院で被爆した秋月辰一郎博士と病院関係者です。

秋月博士は、塩辛い玄米おにぎりと塩辛いみそ汁をたくさん食べる事、
甘いもの、特に砂糖を摂らないよう指導したそうです。

「放射線宿酔」と呼ばれる、レントゲンの後の全身倦怠などに、
生理食塩水より濃い塩分の水を飲むのが良い事から、推理したそうです。

(その時点で、原爆が放射能爆弾だとわかっていたのかな…
とちょっとした私のギモン…いや分かっていたのでしょう)
なんですが、そのやり方が有効だった事には間違いないようです。
博士は90歳近くまで長生きし、スタッフにも症状がでなかったそうですから。

塩のナトリウムイオンは造血細胞に活力を与え、
砂糖は造血細胞に対する毒素となるというのが博士の食養医学です。
味噌が大切であることも説いています。

博士の「死の同心円ー長崎被爆医師の記録」講談社は絶版になっていますが、
大塚晃志郎先生の「治る力の再発見」に、そこからの引用が載っているそうです。

また、博士の「長崎原爆体験記」の英訳本が欧米で出回り、
チェルノブイリ原発事故の後、ヨーロッパで「味噌」が飛ぶように売れたそうですよ。

なんだか、
そうです、そうですを繰り返しましたが、
「原発を止めて、廃炉にするのが根本治療」は何度でもキッパリ言います

8月9日

  • 2010.08.09 Monday
  • 21:31
 今日は8月9日。
「長崎原爆の日」であり「はり灸」の日であり「ムーミンの日」です。

「ムーミンの日」は6月3日では?
いえいえ、それは日本限定の記念日。

世界共通の「ムーミンの日」は8月9日。
原作者トーベ・ヤンソンの誕生日なのです。

1919年8月9日にフィンランドで生まれたトーベ・ヤンソン。
1917年にフィンランドはソ連から独立していますが、
第二次世界大戦中には再び、フィンランド対ソ連の戦争がおこり、
ヤンソンの弟も出征して負傷しています。

画家であったヤンソンは、反戦反独裁の政治風刺雑誌「ガルム」などに、
風刺画を描いていましたが、その中に小さく描かれていたキャラクターが、
ムーミンの原型です。

そして1945年に、最初の物語「小さなトロールと大きな洪水」が生まれます。

戦時中の抑圧された生活を体験したヤンソン。
ムーミンのお話の中にも、自由な発想や行動を希求する精神が強く流れています。

整いました!
「原爆の日」とかけまして「ムーミン」と解きます。
そのココロは…
どちらも「自由と平和」が大事でしょう。



緒方洪庵生誕200年

  • 2010.07.16 Friday
  • 13:16
 一昨日7月14日は、私の敬愛する緒方洪庵先生の生誕200年。

そしてその日、「適塾」裏の緒方ビルの一室で、
「緒方洪庵先生の200年目の誕生日を祝う会」が催されました
主催は「適塾」ならぬ「熟塾」。大阪の文化や産業を学び発信する会です。

熟塾代表・原田彰子さんの「緒方洪庵先生の生涯」。
洪庵記念会・川上潤さんの「緒方洪庵先生と除痘館について」。
それぞれ、洪庵先生の人柄や功績がよく分かるお話でした。

そして、メイン講師は、大阪大学名誉教授・梅溪昇先生。
洪庵研究の第一人者です。
東京から一人来阪された先生は、御歳89歳!
座っておられる時は、大丈夫かな〜と思ったのですが、
話しだされると次第に熱を帯びてきて、板書しながらずっと立たれたままでした。

蘭学の研究や翻訳、塾生の指導。
天然痘やコレラの治療や予防。
54歳で亡くなった洪庵先生の偉業を讃えられて、
89歳の自分がいったい何をしてきたのかと恥じられる先生に、
私などは小さくなるばかり。
洪庵先生の歳は越してしまいましたが、梅溪先生の歳までは、
後○○年有るな〜と、思わず数えました

梅溪先生の著書と大阪春秋

お土産には、洪庵先生の特集の「大阪春秋」と「紅白大福」までいただきました。

塾生だった福沢諭吉が、後に新聞記者のインタビューに、
「自分は大酒飲みだったが、洪庵先生はいつも机に大福を置いていた」
と答えたエピソードに基づいています。

紅白大福

大福というより小福…一口サイズ(2つで)でしたが、美味しくいただきました。

この会が行われた緒方ビルは、
洪庵先生が天然痘の予防に力を注がれた除痘館が有った場所です。
洪庵先生を支え塾生に慕われた八重夫人が、晩年を過ごされ亡くなった場所でも有ります。

最後に皆で撮影した記念写真。
洪庵先生か、八重さんが写っていないかな〜ウフッ

抜歯回避!

  • 2010.07.07 Wednesday
  • 17:51
そもそもは2年前の歯の治療時、
「今度痛くなったら抜かないといけません」とのお言葉。

その「今度」が、今年始めにやってきて、
抜かれるのはイヤだと、別の歯医者に。
そこでは抜かなくても大丈夫と、チャッチャと処置してもらったのはいいのですが、
またすぐ、痛くなってきたのです。

で、また別の歯医者に。
そこで初めて、「歯根膿胞症」という病名であることを知りました。
被せをしている歯の根元に、虫歯菌の為に膿みが溜まる症状です。

しばらく正式な「被せ」をせずに、膿みが乾くのを待ちました。
完全に乾いたら、また被せる事ができます。

その間、その為の鍼灸治療はもちろん、漢方薬も処方してもらいました。

もしそのまま治らないと、
抜歯して膿胞を取り出さないといけないのです。
今の所、親知らずも含めて、32本全歯そろっているので、
なんとか抜歯は回避したいと、必死です。

ところが、腫れはマシになる事はあっても、完全には無くなりません。

先生が抜歯を勧めかけると、私が「もう少し待って下さい」
私があきらめかけると、先生が「もう少しガンバってみましょう」

そうこうするウチに、インターネットで、
そのような状態を抜歯せずに、歯肉を切開して病巣部を取り出し、
歯根端を切除するという方法をとっている歯医者さんを見つけました。

前の先生には丁寧に診ていただいたのに、申し訳ないのですが、
歯を死守する為に、そうも言っておられず、またまた転院をしました。

先週診察、
そして今日、そのプチ手術をしました。



手術というのは高校1年の時の虫垂炎以来なので、怖かったです。

大胆に歯を削る音や器具の当たる感覚。
その感覚がだんだん強くなってきて、
傷口をガーゼで押さえられている時には、痛いような、、、
涙がじんわり
「後は傷口を縫います」と言われた時には、ハッキリ痛みに
追加麻酔をしていただいて3針縫いました。はぁ〜。。。

麻酔をしているから痛くないはずと思って、だいぶ我慢していましたヨ。
もっと早く言えば良かった。。。

ただ今、術後約3時間。
こうやってキーを打っていると、なんとか痛みは紛れています。

食事はできるという事なんですが、食べる気がしません。
でも、食後の痛み止めと抗生物質を飲む為に食べることに致します
「合谷」という手のツボを押さえても、痛みはマシになりますが、
この際、お薬に頼る事に致します

歯の治療

  • 2008.05.25 Sunday
  • 16:17
ここのところ週1回歯の治療にかかっています。
そろそろ終了かと思っていた所、先週詰めた所が不調です。

噛み合わせの確認で、元より高くなっていて、上下のあたり具合が強いので、
「高いです」と何度か言ったのですが、「大丈夫です」と言いきられて、
そのうち慣れるかと思ったのですが、慣れません。
常に違和感が有り、噛むと痛いです。頚肩もこっています。
ほんの1、2ミリ(も無いか…)の差だと思いますが、
噛み合わせって大事ですね。

ところで以前、歯に詰める合金の「アマルガム」が疾病の原因になると聞いたので、
この機会に、別のに入れ替えてもらいました。

その話をしてくれた方の息子さんは、小学校の時歩けなくなって、
色々検査した結果「アマルガム」が原因である事が疑われ、
全部取り替えたところ、歩けるようになったそうです。

「アマルガム」とは水銀と他の金属との合金の事で、
唾液が電解液となって腐食し、
噛む時の摩擦で、水銀を含んだ蒸気が発生し、
神経毒性が強く、全身の様々な愁訴を引き起こすそうです。

特に、金属アレルギーやアトピーの原因になります。
今大丈夫でも、使用後数十年たっての発症も有ります。

70年代をピークに使用は減少しているそうですが、
安価で扱い易く、完全禁止にはなっていません。

なお、銀色の詰め物が、全て「アマルガム」というわけではありません。

ところでこの私、小学校の時に「歯牙優良児」で表彰されました。
保育園の時は、歯科検診の時の先生が、私の歯に感心して、
わざわざ他の先生に見せに行った程でした。

簡単に磨いていただけで、表彰されたもので、
その後もろくに気をつけないままでいたら、中学くらいから虫歯が!

今でも、親知らずを含めた全歯揃ってはいますが、詰め物がちらほら。
油断大敵…綺麗な歯は過去の栄光となってしまいました。

それにしても、噛み合わせが合っていないと疲れるー撃沈

ジャネの法則

  • 2006.12.31 Sunday
  • 10:10
あっという間に大晦日ワッ!
歳を取る程に1年が短く感じられるって思いませんかおや?
実はこれにはちゃんと、 

フランスの心理学者、ピエール・ジャネの『ジャネの法則』

という名前が付いているのです。

「人間が年齢を重ねる事によって感じる主観的な時間の速さは、加速度的に上昇する。60歳の人は、20歳の人が感じる1年を、4ヶ月としか感じない。つまり、20歳の人間が60歳になるまで、主観的には13年にしか感じていない。」

のだそうです。ニョロ

えらいこっちゃ汗
今から30年前を振り返っても、つい最近の事のように思えるのに、
これからの30年後は、もっと速くなるなんてジョギング
(この世にいるかどうかも分かれへんし…。)

ともあれ、皆様良いお年を〜凧
来年もどうぞよろしくお願い致します。女

教育基本法について

  • 2006.11.26 Sunday
  • 22:02
とっても大事な問題なのに記事が少ない「教育基本法」の「改正」問題。
16日の衆院で可決され、参院に送られて、今どうなってるの?

早ければ、12月の中旬にも成立する恐れが!?

今日の新聞を見て驚きました。
安倍首相直属の「教育再生会議」の提言の中に、
「いじめた側のこどもの出席停止を積極的に行なう」
というのが有ったのです。

「いじめ」の背景を見る事なく、
問題有る者を排除するというのでしょうか?

こういう提言に、安倍政権の目指す「改正」の質を見る思いがします。

「いじめ」問題は、いじめる者、いじめられる者の
個人の資質の問題ではもはや無いと思います。

今こそ、現在の「教育基本法」の
「…個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期する…」
事こそ、目指さなければならない事ではないでしょうか。ニョロ

安倍政権は、個人よりも、国を重んじ、
「お上」のいう事を聞く画一的な人間を作りたいらしい。
憲法9条「改正」と抱き合わせで、戦争をし易い日本にしたいのでしょう。ノーノー

戦争で経済復興をしたいのか、薮氏率いる戦争好きなあの国に追従したいのか?

コスタリカのように、軍事費を教育や福祉に回したら、
どんなに豊かで誇れる国になれるでしょう。
「愛国心」を押し付けられることなく、我国も他国も愛したいラブ

そもそも「国」なんていらないと、私は思っていますが…。

♪ Imagin there's no countries 地球
♪ Imagin all the people living life in peaceおはな

ジェイソン・ウィンターズ・ティー

  • 2006.09.12 Tuesday
  • 17:27
先日、ガンでホスピスに入院している友人のお見舞いに行ってきました。病院

思いがけず、お連れ合いさんと娘さんが作ってくれたごちそうを、ホスピスのロビーの食卓でいただきました。ソファなども有って、ゆったりくつろげるスペースです。
彼もいつもよりは食べれたみたいで、一緒に行った友人共々、ホッとしました。

そこで、出されたお茶。美味しいなと思って飲んでいたら、
娘さんが、「それ、まき子さんのお茶です」。おはな
私が以前お見舞いに持って行った「ジェイソン・ウインターズ・ティー」だったのです。
名前が長いので、通称「まき子さんのお茶」にしたそう。ひらめき

「ジェイソン・ウインターズ・ティー」=JWTは、その名の通り、ジェイソン・ウインターズさんが作ったお茶なのです。
1977年、46歳だったジェイソンさんは、末期のノドのガンになり、治る見込みがないと医者に言われました。
そして自分で、世界中のハーブについて調べ、足を運び、選んだのが…
  ハ−バリ−ン   (アジア大陸)
  チャパラル    (ヨーロッパ大陸)
  レッドクローバー (アメリカ大陸)
の3種類。
これらを別々に煎じていた時は効果がなく、いっぺんに煎じたとたん効果を発揮して、
ジェイソンさんのガンは、劇的に3週間で消えてしまったそうです。

現在、チャパレルは苦味が強いので、同じ成分でマイルドなインディアンセージにかわっていますが、多くの人に飲み継がれています。

万能薬ではないのですが、浄血作用があり、免疫力をあげるという事なので、
ガンの人や、ガンだった人に、私は一番に勧めています。

もちろん、私も毎日飲んでいますヨ。
……って、その割に、言われるまで気付かんかったなぁ……ワタシ。たらーっ

東京と大阪

  • 2006.06.12 Monday
  • 23:46
研修で東京に行った時、池袋駅でガードマンさんに道を聞きました。
地図を見せながら「ここに行きたいんですけど、どう行ったらいいですか?」
「もっと向こう。あっち!」
「まっすぐですか?」
「ああ、向こう行って聞いて!」
もうひとりいたガードマンさんは知らん顔。
まっすぐ違うかったしー。
そやから、東京で道聞くのコワイねんムニョムニョ
以前にも、新宿でおまわりさんに道を聞いたら、一言「あっち!」だけでした。

さて大阪では…。
友達と二人、あるお店を捜してウロウロ。
通りがかりのおじさん(と言っても同年輩)に聞いたら、
別方向に行く所だというのに一緒に捜してくれました。
もう見当がついたので、別れてまたウロウロ。
しばらく歩いていると、後ろから、さっきのおじさんが、
「おーい、こっちこっち」と呼ぶではありませんか!
自分の目的地に進まずに、私達が行きたい所をまだ捜してくれていたのです。

東京と大阪の違いでした地球

東京の人の対応の冷たさに傷付きながらも…、
しめしめこれはネタになるなと思った私でしたイヒヒ

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

amazon

楽天

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM