テレビの世代交代

  • 2010.11.28 Sunday
  • 17:33
 15年間お世話になったブラウン管テレビと、ついにお別れしました
101125_1307~01.JPG

















娘が小さい時は、あえてテレビの無い生活をしていたのですが、
二人暮らしになった時に、母が買ってくれたもので、
15年間の私たちの生活にはなくてはならないものでした。

娘が、小学校2年から3年間の不登校から復帰した際、
すんなり勉強に付いて行けたのも、
自主的に楽しんで教育テレビを見ていたお陰だと思います。
すっかりテレビッ子になって、雑学も人一倍吸収していましたが。

夜中までテレビを見ている娘の横で、私は平気で寝ていました。
でも、私が寝ると音は小さくしてくれていましたよ。

この間、洗濯機は3台、いや4台目なので、
それに比べて、なんともご長寿テレビでした。
来年7月の地デジ化まで保たせようとしたのですが、
ついに寿命が来てしまいました

点けた時、違うチャンネルが映っていたら、ドンッと叩いて直します。
カラーは青みがかったセピア色(?)。
途中でパッとカラーになった時、今まで色が付いていなかったのに気付く位、
その色に馴染んでいました。
…というのが、ここ数年の状態。

ところが、ついに横線がビャービャーと入りだして、
見にくい事この上無し
龍馬は龍馬だと分かりますが、一体どんな表情をしているやら…

エコポイントも少なくなる事ですし、やっと買いに行く決意をしたのでした。

お別れの時は、この15年間が頭をよぎってウルウルでした

以下、古い紅葉と新しい紅葉です…
101125_2237~01.JPG
101126_2251~01.JPG



























さて今日は、龍馬伝の最終回を新しいテレビで見ます。
わざと汚した演出が、どこまで綺麗になる事でしょう

Rー1ぐらんぷり

  • 2009.02.18 Wednesday
  • 15:46
Rー1ぐらんぷり、優勝、中山功太で良かった!
バカリズムならともかく、エハラマサヒロでは納得できないところでした。

中山功太は前から面白いと思って応援していました。
その割に、決勝戦であまり評価されないなぁと不満だったんですが、
やっと報われましたねー祝
ビデオに録って見ていたんですが、優勝が決まった瞬間、
思わず拍手していました拍手

あるあるネタの、独特の出し方。
笑うのに、フッとワンテンポ考える「間」がイイです。

観たいドラマ

  • 2009.01.31 Saturday
  • 22:12
基本的にドラマというのは観ません。
その時間拘束されるような気がするのと、録画してまで観たいのがまず無い。

(ホジュンは借りて、一気に観ました汗

しかしながら、今期は例外がふたつ。

ひとつは、NHKの『浪花の花』。
私の好きな「適塾」の緒方洪庵の若かりし頃、緒方章が主役とあっては、
観ずにおれません。

岡山の武家出身ながら体が弱く、武士には向かないと蘭方医を志し、
中天游の「思々斎塾」で学んでいる章(実際この時は三平と名乗っていた)。

そこに色々な事件が巻き起こり、
男装の麗人・左近と共に、事件を解決していくのです。

緒方章が主役というだけで、ストーリーはフィクションですが、
その頃の、浪花事情も盛り込まれ、なかなか面白いです。

章役の窪田正孝君。
オドオドしたりビックリしたり、
ヘタレながら、勉強熱心で正義感の強い章が似合っててカワイイ!
左近役の栗山千明もカッコいい!

30分という短い時間にスッキリまとめてあって観やすいです。

もうひとつは、月9の『ウ”ォイス』。
これまた私の好きな法医学の話。
真実を見極めたいという思いの強い大己(瑛太)が主役。
法医学を学ぶ個性的な学生達の青春ドラマでもあります。

「その高さから飛び降りて、塀のこっちには落ちひんやろ!」
とか、
「その軽そうな鉄パイプでは、クラッシュ症候群にはならんやろ!」
とか、
ツッコミどころ有り!

でも今現在、日本では、司法解剖の体制が不十分なので、
これで法医学を志す学生が増えればいいかも…増えるかな唖然

ホジュンといい、章といい、大己といい、
ついでながら『ワンピース』のチョッパーといい、
医学を志し、勉強熱心、正義感が強く、弱者に優しい、
そんな主人公のお話が好きなんですね〜YES!

ホジュン

  • 2009.01.27 Tuesday
  • 14:27
ホジュン(宮廷医官への道)
1999に韓国で放送されて、ホジュンシンドロームまで巻き起こしたドラマ。
日本でも何度か放送されているので、ご存知の方も多いと思います。

観ました!
約2週間で64話。
仕事とどうしてもの家事用事以外は見続けたので、倒れるかと思いました汗

いや良かったです!

数々の困難にもめげず、強靭な精神力で努力を続け、
患者が賤民であれ王様であれ、
病と戦い病人に寄り添う「心医」として治療し続けたホジュン。

李氏朝鮮時代の実在の医官「許浚」(1539-1615)がモデルです。
両班の家柄ながら母親がキーセンということで身分は低かったことや、
のちに王の医官になり、医官としては異例の正一品という位で、
「東医宝鑑」全25巻という朝鮮医学の集大成を編纂したのは事実です。

ドラマの中にたくさんの心に残る台詞がありました。
その中でも一番は、

  「病人を救う度に、医員もまた救われるのだ」

出世に目がくらんだホジュンに怒った師匠ユウィテが、
医院から、ホジュンを追い出した場面がありました。
なぜ追い出されたのかわからないホジュンに、サンジョク大師が言った言葉です。
本当にそう思います。

鍼灸に関して、知っている言葉や書物が出てくるのですが、
私などまだまだまだまだまだまだ甘いと思い知らされました。

私に必要なのは、ホジュンの爪の垢を煎じて飲む事です。


安楽椅子探偵

  • 2008.10.02 Thursday
  • 22:02
いよいよ
やっと
2年半ぶり
待ちに待った

明日、オンエアー!

   「安楽椅子探偵」

【問題編】10月3日(金)24:24〜
【解決編】10月10日(金)25:59〜 (関東はそれぞれ1日遅れ)

1999年10月の1回目から見続けて7回目。
今回の題名は「忘却の岬」。

視聴者が、様々なトリックを見破り犯人を特定するというドラマです。

もちろん、録画して何遍も何遍も見ないと…。
登場人物の行動や気になったところを、時系列に並べて表にしたり、
今までは娘と二人でああでもないこうでもないと犯人を推理していたのですが、
今回はひとりで考えねばふぅ〜ん
もちろん娘も自分チで見るので、意見交換はできますが。

私も娘も、日頃何事もこれくらい熱心に取り組んだら、
何かを成し遂げられると思うくらいです。

回答するために、会社を休んだり、徹夜したりする人も。
前回までは、関西での放映しかなかったので、
わざわざ関東から、その為にやってくる人も。

犯人とそこにいたる推理を最もエレガントに回答した人には、
賞金50万円が当たるのですが、賞金より、名誉ですね。

綾辻行人、有栖川有栖からの挑戦状、
回を追うごとに高度になっているんですが、

せめて犯人は当てたーい!
実は今まで、それさえ当てた事なし汗

年末の楽しみ

  • 2007.12.23 Sunday
  • 09:45
何かとせわしない年末ですが、その中の楽しみと言えば、
本日放送の「Mー1グランプリ」お笑い日本一決定戦です。ラッキー

ここ数年、「麒麟」を応援してきて、
今年こそ最終決戦で、「麒麟」が優勝するかどうか、
はらはらしながら見守るというシュミレーションをしてきたのに、
なんと決勝にさえ残っていないではありませんかたらーっ

昨年の優勝は、「チュートリアル」。
自転車のベルが盗まれた話から妄想が展開され、
「チリンチリンを捜して、インドまで行ったよ」の下りでは、
「ワーッ!参りました!」でした!

笑いの効用は、よく言われている事です。
免疫機能活性化ホルモンが分泌され、
ガン細胞をやっつけるNK(ナチュラルキラー)細胞や、
鎮痛・快感作用のあるベータエンドルフィンやエンケファリンなどの
ホルモンも分泌されます。

たとえ作り笑いでも、顔の筋肉から神経を伝って、
脳は同じように反応するので、効果有りなんですよ。

敗者復活戦で、「麒麟」に這い上がってきて欲しいラブ
どのコンビにせよ、去年の「チュートリアル」のように、
「参りました!」と思わせて欲しいラブ

楽しみですおはな

チャングム。

  • 2006.05.21 Sunday
  • 23:53
テレビはあまり見ない方です。特にドラマは…。

でも今唯一楽しみにしているのが、「チャングムの誓い」です。
いよいよチャングムが、医女になる修行が始まりました。

ただ、あの鍼の刺し方、抜き方は痛そう〜モゴモゴ

日本では、鍼管という管を皮膚に当てて、
そこに通した細い鍼をチョンチョンと入れるので、御心配なくラッキー

それにわが治療院のように、
「刺さない鍼」がこれから増えてくると思いますヨ。

ともあれ、「チャングムの誓い」は、
私のモチベーションアップに欠かせない番組です。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

amazon

楽天

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM