マイケル・ジャクソン

  • 2009.08.26 Wednesday
  • 21:35
マイケルの死因が明らかにされました。

「致死量の麻酔剤投与による他殺」

故意にではなかったとしても、
「何してくれんねんNO!!」ですよ、ほんとに。

もともと、鎮痛剤や麻酔剤を乱用していたようですが、
度重なる整形と言い、生き難さがあったんだろうなと胸が痛みます。

それを思うと、よく50歳まで生きていてくれたと思います。

とは言え、実は私はプリンス派で、
あまりマイケルには注目していなかったんですが…汗汗

でも改めて聴いてみると、良い歌がありますよネ〜。

「Heal The World」なんて最高です。

自分が痛みを抱えているのに、否、抱えているからこそ、
世界中の子供たちのことを憂い、愛や平和の大切さを歌えるんですね。

亡くなる2日前のリハーサル映像、本当にカッコいいですラブ

それにしても、愛と平和を歌うジョン・レノンにしても忌野清志郎にしても、
早く亡くなってしまう…
早々に人間を卒業して、神の領域にいってしまうんでしょうか。

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 21:35
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    >小春さん
     子供の時父親に顔を批難されたりしたし、
     またその父親に似ていく事が嫌だったようですね。
     拒食症の人が、どんなに痩せていても、まだ太っていると思うように、
     どれだけ整形しても、まだまだと思っていたのでしょうね。
     
     今ごろ、先に行ってた清志郎がケアしてることでしょう。
     その横でジョン・レノンが見守っていたりして。
     
    私も最近追悼番組でマイケルジャクソンのことを見るたびに、もちろん、彼のミュージシャンの歴史と共に顔の代わりように心が痛みます。
    自分を否定することで存在していたのでしょうか・・
    どうしようもなかったのでしょうか・・
    今、心穏やかに過せているのでしょうか・・・

    • 西乃家小春
    • 2009/08/27 10:05 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    amazon

    楽天

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM