えがかれた適塾

  • 2010.06.24 Thursday
  • 13:54
 昨日、大阪大学総合学術博物館の第11回企画展、
緒方洪庵生誕200年記念「えがかれた適塾」を観に行ってきました。
6月26日までなので、ぎりぎりセーフでした。


手塚治虫の「陽だまりの樹」や、司馬遼太郎の「花神」に、
適塾がどのように描かれているかが、取り上げられています。

「陽だまりの樹」は手塚治虫の曾祖父・手塚良仙を主人公にしたものです。
福沢諭吉と同期生にして絡みを作ったり、他の塾生のエピソードを良仙のものにしたりと、
事実を漫画にする方法が垣間見えました。

手塚治虫が実際に使っていた机など、ただのスチールの事務机。
ここで、色々な作品が描かれたんですね

司馬遼太郎は、大阪外国語大学のモンゴル語学科卒。
その外大が、今は合併して阪大になっているのもご縁です。

ふだん適塾に置かれている展示物もこちらに置かれていて、
この時期、適塾に行ったら、寂しい思いをするところでした

何と言っても1番面白かったのは、洪庵没後100年記念で作られたという映画、
「洪庵と1000人の若ものたち」(1969年、約60分)。
常時上映されているのですが、贅沢にもセミナー室に私一人。
途中で、学生らしき人が一人、入っては出て行き、
私が帰る時には、年配女性が一人おられました。

洪庵役は南原宏治で、やけにソース顔の洪庵先生。
妻の八重役は市原悦子。

村田蔵六(後の大村益次郎)はすぐ分かりました。
ギョロ目、太い眉、そして特徴有るでこっぱち(特殊メーク!?)。

洪庵の志や、塾生の情熱など、すごくいい映画なのに知りませんでした。
リメイクして大河ドラマにして欲しいくらいです。
その際、洪庵役は誰がいいか勝手に考えていますが、思いつきません

昔の「花神」では宇野重吉。この前の「仁ーJINー」では武田鉄矢。
洪庵は、54歳で亡くなっているのですが、すでに老成したイメージです。

まっ、私が考えても仕方ないんですが。

また洪庵先生にパワーをもらって帰ってきました



スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 13:54
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    amazon

    楽天

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM