「冬の本」

  • 2013.01.11 Friday
  • 11:10
な、なんと1年振りの更新です

年が明けて前の記事を読んだ方は、
きっと今年の新年の挨拶だと勘違いされた事でしょう

というわけで、
あらためまして、新年明けましておめでとうございます

この挨拶は、松の内の7日までという説や、
鏡開き(鏡割り)の11日までという説や、
小正月の15日までという説やらが有りますので、お許しを

年末に書こうかなと思いながら、
何故か、いっその事1年振りに更新しようと意味の無い決意をした次第です。

さて、
年末に来られた本好きの患者さん兼友達が薦めてくれたのが、

夏葉社の「冬の本
          http://natsuhasha.com/

気になっていた本だし、又吉も書いているので買う事に。

84人の人達が、
それぞれの想う「冬の本」について書いています。

律儀に、ひとり2ページづつ、
青山南さんから吉本由美さんまで、あいうえお順。

その患者さん兼友達に、
「この文章の長さは、ブログを書くのに参考になるワ〜
と言ったら、
「書いてや〜」と苦笑されました

はい、確かに

それぞれが想う本も、その本への想いを書いてくれた人の本も、
読みたくなる「冬の本」でした。

さて、私の「冬の本」は…


スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 11:10
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    amazon

    楽天

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM