「さよならのあとで」エピソード鵺

  • 2013.01.15 Tuesday
  • 23:35
 当院には、治療室が二つ有ります。
予約制です。

治療中に次の患者さんが来られても、
たいていすぐに、もうひとつの治療室に入っていただくので、
待合室で待っていただく事は、そんなに有るわけではありません。

Sさんも、それまでは、ほとんど待っていただく事はありませんでした。

でもその日は珍しく、暫く待っていただく事になりました

前の患者さんの治療が終わってお呼びしたところ、
開口一番、
「あの本『さよならのあとで』はどこで売ってますか?
贈りたい人がいるんです」との事。

(あまり使わない)待合室にいっぱい本を置いているのですが、
その頃買ったばかりの「さよならのあとで」は、
一番目立つ、手に取り易い場所に置いていたのです

事情を伺うと、
仲の良かったお友達(前からお話の中でよく御名前をお聞きしていました)が、
スキー事故で急死されたというのです。

一人娘さんが嘆き悲しんでおられるので、
ぜひすぐにでも「さよならのあとで」を贈りたいと…。

私が買った、梅田の丸善&ジュンク堂、入ってすぐの棚、
をお教えしたら、帰りに立寄り、すぐにお友達の娘さんにお贈りしたとか。

後日伺ったお話。

娘さんが本を読んだその夜、
夢の中にお母さんが現れて、「こうしたかったの」と言いながら、
ぎゅっと抱きしめてくれたそうです
そしてその次の日も…。

本との出会いもご縁だな…と思う出来事でした


スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 23:35
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    amazon

    楽天

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM