読ませていただき光栄です

  • 2013.11.14 Thursday
  • 18:55
予約していた本を取りに図書館へ。
購入するのはできるだけ専門書のみにして、それ以外は図書館で借りるようにしています。
所有物は増やさないように…ラッキー

予約本を受け取って帰ろうとすると、
お薦め本の棚に、最近予約したばっかりの
『開かせていただき光栄です』が!!
「うん?ここに有るのに、予約本の用意ができたというお知らせメールが来てないな?」
そういえば、私が予約したのは文庫本の方。
文庫本の予約は後でサイトから取り消すとして、ホクホクで借りて帰りましたラブラブ
予約しても、回ってくるのは半年先1年先がざらですから、
こんなにすぐ読める機会はなかなか無い。

新聞の書評欄に載っていた『開かせていただき光栄です』皆川博子著
舞台は私の好きなロンドン(行った事ないけど)、
題材は解剖(やった事ないけど見た事ある)、
そして謎解き、
ときたら、読まずにはいられません。

持って帰って、ウキウキ、パラパラ読書

う、うーん!?

これ、前に読んだがな唖然汗汗汗

いやいや、手に取った時、そんな気がしないでもなかったんですがネ撃沈

でもでも御心配なく、
結末を思い出せなかったので、最後まで再び楽しめましたたらーっ

読み終わったら、そういえばそうやったな〜、って困惑

楽しいお話というわけではないけれど、
皆川さんの文章、ふふっと笑えますおはな

『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』が下敷きになっている話です。
この本も面白くて、図書館で借りた後、あらためて購入したぐらいです(増えてるがな)。

無骨で実直な外科医で解剖医ダニエル・バートン(ジョン・ハンターがモデル)。
ダニエルを尊敬する解剖教室の弟子達。
ダニエルとは対照的に世渡り上手な兄ロバート(ジョン・ハンターの兄ウィリアムがモデル)

18世紀ロンドンは、まだ解剖学が認められていなくて、
墓場から、遺体を盗み出して解剖するという時代。

ダニエル(ジョン・ハンター)は解剖オタク。
ジョン・ハンターのお陰で、近代解剖学が築かれたという存在なんです。

いまだにロンドンには、
ジョン・ハンターが作った解剖標本が残っているらしい。
いつかロンドンに行く機会が有ったら、ぜひ見てみたいものですラブ
 
 

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 18:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    amazon

    楽天

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM